カーレースの最高峰F1

2007年09月30日

2007年F1日本GPの結果

富士スピードウェイで行なわれたF1第15戦となる日本GPは、雨中の決勝れーすになった。折角の高速サーキットも、雨が降ってしまえば興味が半減してしまうというもの。

結局クラッシュが多発する結果になり、F1におけるチームの駆け引きや完走してナンボの世界で、リタイヤが続出してしまったのだ。

結局勝ったのは、ルイス・ハミルトン。マクラーレンメルセデスチームには、なんともクレバーなパイロットがいるものだ。

この日の平均速度は151.978Kmと、さすがに雨の中だったので非常に遅かった。それだけコースコンディションが良くなかったのだろうが、それをきっちり乗りこなすしてこそ、一流のドライバー。

母国でのF1グランプリで注目を集めた日本勢は、ホンダのルーベンス・バリチェロが10位でこれが最高位。ジェイソン・バトンが11位で、スパイカーの山本左近が12位(自己最高位)、SUPER AGURIの佐藤15位、トヨタのラルフ・シューマッハ、SUPER AGURIのアンソニー・デビッドソンはリタイア。

残念ながら日本チームもドライバーも、成績はいまひとつパッとしない結果。結局L.ハミルトンがポール・トゥ・ウィンを飾る結果。

ルノーのヘイッキ・コバライネンが2位に入り、自身初の表彰台。フェラーリのキミ・ライッコネンは、後方から追い上げて、辛うじて3位。

来年以降も日本GPは秋の開催になるのだろうが、なんと言っても気になるのは天候。すっかり秋晴れのサーキットで、やはり高速バトルが見たいしFISCOならばそれが叶うはず。

すでに気が早いが次回の富士スピードウェイの日本グランプリに、日本勢の活躍を期待したいと思う。
ラベル:日本GP
posted by レース好き at 23:00 | TrackBack(0) | F1 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。